オツなタラバガニの区別方法は、体外がとても強い種類や重さや厚さが伝わってくるタイプが、
ぎっしりと身が詰まっていると教えられました。
いつかタイミングある際には、考察すると分かるでしょう。

「カニを口にした」という幸せな気持ちを得る事が出来るのはタラバガニで決まりですが、
カニ自体の絶品の味をのんびり楽しめるのは、ズワイガニに違いないという特色が見られます。

うまい松葉ガニも地元で愛されている水ガニも、両者ズワイガニのオスなのです。
でも、同等な甲羅のサイズでも松葉ガニの料金は高く付けられているのに対し、
水ガニは結構低価格と言えます。

新鮮な活き毛ガニは、直接的に浜に足を運び、精選して仕入れを決めるため、
経費や手間ひまが掛かるのです。
故に、活き毛ガニを売っている通販の店はほとんどの場合ないのです。

よく4~5月頃より6~7月頃までのズワイガニの身は誠に上品だと知られていて、
素晴らしいズワイガニを食してみたいと思うなら、その時節にオーダーすることを
いち押しします。

北海道産毛ガニは、旬の芳醇なカニ味噌がえもいわれぬ美味の元。
寒い環境で成長すると肉厚になるのです。
やはり北海道から良いものをお買い得に水揚後すぐ届けてもらうというなら通販です。

旬のカニに目がない私たちですが、特別にズワイガニは特別だというかたは、多くいます。
味のわりに安いズワイガニの通販をしっかり選んでここに一挙公開。

身が隙間なく埋まっている魅力的なワタリガニのおすは、コクとダシが素晴らしいです。
熱々の甲羅に、熱燗を入れながら味わうと、カニ味噌とぴったり合って、
豊富な独特の味を感じ取ることになるでしょう。

雌のワタリガニについては、冬~春の期間に生殖腺が発達して、
腹の内部にたまごをストックすることになるわけです。
たくさんのたまごも頂けるはっきりしている味のメスは、誠にデリシャスです。

花咲ガニについては、非常に短期の漁期で(初夏のあたりから晩夏のあたり)、
それこそその旬のみの特殊な蟹のため、試したことがないという人も
たくさんいることでしょう。

旨みのあるタラバガニを食したいと思う時には、何処にお願いするかが肝要になります。
カニのボイルの仕方は複雑であるため、かに専門店で働いている職人さんが、
茹で上げたカニを堪能したいものなのです。

通販を使って毛ガニを頼み、新鮮な浜茹でをご自宅でリラックスして楽しむのは
いかがでしょう。
時期が合えば、旬の活き毛ガニが、お手元に直送されるということも。

わけありのタラバガニを取り扱っている通信販売のお店などでは、
味には問題ないが傷がついてしまったものなどチープに売ってくれるので、
自分用として購入するのならお取寄せする値打ちがありそうです。

引き知った身が楽しみなタラバガニとはいえ、味はほんの少し淡白であるため、
その状態で煮てから味わった場合よりも、カニ鍋で食事をした方が美味だと有名です。

根室が産地として名高いこの花咲ガニは、道東地方で育つ日本中で絶賛する人が
たくさんいる蟹です。
深いコクと味わいが特徴の浜茹での弾力のある身は逸品です。

子どもの好きなお手伝いとは

我が家では大みそかに毎年おせち料理を作っています。
黒豆など、一部購入するおせち料理もありますが、それ以外はほぼすべて手作りです。

この日は小学生の子どもにもガッツリ手伝ってもらっています。

子どもが一番好きなのは、煮物のこんにゃくを切って手綱こんにゃくにすることです。

こんにゃくを切ることも、真ん中に包丁を入れてクルッとねじって
手綱を作ることも楽しいようです。

これは延々と喜んでやってくれます。

そのほかには、紅白なますに使う昆布をはさみで細かく切っていく作業も
楽しそうにやってくれます。

どれだけ細く切ることができるか、自分の中で勝負しているようです。

ただ、ずっとはさみを持っていると手が疲れるようで、途中で放棄していることも多いですが。

そして、調味料を測って鍋に入れていくことも好きなのでやってもらいます。

大さじ、小さじのスプーンを手に持って測って入れていくのは、
理科の実験のようで面白いそうです。

調味料を全て入れて味が決まったところで味見をしてもらうと、
自分のおかげでいい味付けが出来たことに満足そうです。

最後にお重に詰めるのも子どもの仕事

とりあえずすべてのお料理を作って、大きなテーブルに広げ、
冷めたところで、午後にお重に詰める作業があります。

この作業も、子どもにとってはパズルと同じ感覚のようです。

いかに隙間なくきれいに詰めていくか、大人から見ると、え?ちょっとそれはおかしいかも、
と思うところもあるのですが、おせちを食べるのは家族だけなので、
それには目をつぶっています。

お重の隙間なく埋まった姿に、子どもも満足気です。

おせち料理にもおすすめ!→ かに本舗 楽天

関連記事