乳液とは水分と油分を乳化させたもので、肌から水分が失われないように肌を守るといった役割をしてくれるものです。
ニキビは過剰な皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が増えてしまうことで出来てしまいます。
毛穴が詰まりやすいオイリー肌の人は、さらに油分を足してしまう乳液は避けた方がいいと言えます。

しかし、大人ニキビができてしまう人の多くは、表面はべたつくけど、肌の内側は乾燥しているインナードライ肌の人が多いのです。
インナードライ肌になると、肌の水分のバランスが崩れてしまうのでバリア機能が低下してしまいます。
乾燥を防ごうと過剰に皮脂が出てしまったり、肌が固くなることで肌が生まれ変わろうとする力を弱くしてしまうのです。
肌が弱ってしまうので肌トラブルが起きやすくなり、その一つが大人ニキビなんです!
なので、まずは水分のバランスを整えてあげる事が重要です!
乳液には化粧水のうるおいを逃さないよう、肌に油分で膜をつくり水分の蒸発を防ぐ役割があるんです。

他にも、外部の刺激から肌を守る、肌を柔らかく保つなどの効果があります。
ベタベタするからと乳液をつけないでいると、逆効果になってしまいます。
ただ、なるべく刺激の少ない自分の肌にあっている乳液を選ぶことも重要になってきます。
大人ニキビには乳液も必要です!シンプルで低刺激なケアを心掛けてあげるといいでしょう(^^)

こちらも参考にしてみてください⇒乳液 ニキビ

関連記事

    None Found