顔や腕などにできてしまったしみに悩んでいる方は大勢いらっしゃいますが、これは今までに肌に溜まってしまったメラニン色素が主な原因になります。
基本的に肌に紫外線が当たるとメラニン色素が生成されて肌が黒くなりますが、この黒くなった皮膚は時間が経てば新陳代謝によって?がれ落ちていきます。
なので日焼けしてもある程度の時間が経てば元の肌の色に戻っていくのですが、生活習慣の乱れなどによって新陳代謝のサイクルが狂ってしまうと黒くなった肌が部分的に残ってしまいます。
これがいわゆるしみの正体になっていて、基本的な対策としては美白化粧品を使用したり生活習慣を改善して新陳代謝を正常化させます。
こうする事で新しい肌が生まれますので、いつまでも残っていた肌が?がれ落ちていきます。

しかしこの様な対策は次善の策とされていて、根本的な対策としては紫外線を浴びないようにする事が挙げられます。
その為にはキチンとした紫外線対策を行う必要があり、間違った対策だと効果は半減してしまいます。
まず最も重要なのが日焼け止めで、ムラが無いようにキチンと塗る事が大切になりますし環境によってSPFなどの数値も使い分ける必要があります。
また目から入った紫外線もメラニン色素を生成しますので、UV加工のされているサングラスなども効果的な紫外線対策になっています。

こちらも参考にしてください⇒しみ メラニン

関連記事